1. トップページ
  2. 手の甲にシミができるのはなぜ?きっかけは?

手の甲にシミができるのはなぜ?きっかけは?

【シミ状態】3ミリ四方が3、4個,濃い、1ミリ四方がうっすら50代・女性

40代の中頃から、急に手の甲のシミが増えてきました。シミができるきっかけは車の運転をすることが多く、その時に手の甲に太陽光線がたくさん当たってしまっていたことが原因だと思います。手の甲には日焼け止めクリームを塗っていなかったので、シミがたくさんできてしまったのでしょう。

【シミ状態】1cm×3cmの楕円形・うっすら40代・女性

3ヶ月ほど前手の甲に湿疹ができました。初めはちいさなブツブツが楕円状にでき,その後かゆみを伴う湿疹に変わってきました。皮膚科でステロイド軟膏を処方され治療。症状が治まってきたと思ったら,今はシミになり残っています。

【シミ状態】1ミリほどのものが薄くたくさん30代・女性

手の甲にシミができたことに気づいたのは、昨年です。基本的には日焼け対策をしているのですが、手の甲までは行っていませんでした。一昨年の夏に沖縄旅行をした際にも同じような日焼け対策だったので、旅行から帰ってきて、通勤時に電車のつり革をつかんでいる時に「手が焼けたな」という実感がありました。日に焼けたことがきっかけでシミができたのだと、自分では思っています。

【シミ状態】縦1.5?くらいの楕円形・うっすら40代・女性

手の甲にシミが出来たのは、40代の初め頃です。30代半ばから、顔のシミが出るようになったので、比較的シミが出来やすい体質なのかもしれません。母も顔や手にシミが目立つタイプです。シミのきっかけは肌の乾燥だと思います。できた頃から、乾燥性の湿疹に悩まされるようになっていましたので。

【シミ状態】2ミリ位の円形が2か所・濃い33歳・女性

気づいたら出来ていたので、正確な時期は分かりませんが、31歳の時に出産を終えて急に顔にもシミがポツポツと出来たので、同時期じゃないかなと思います。体中の若さをごっそり持って行かれてしまたような感じだったので。肌荒れも一気にひどくなりました。

【シミ状態】0.5cm位の楕円形・うっすら・数か所40代・女性

いつというはっきりとした時期は分かりません。学生時代は真っ黒に日焼けをするような部活に入っていたのでその様な事も原因になっているのかもしれません。また、海が大好きで家族で良くマリンスポーツをします。それもシミになる原因の一つかもしれません。

【シミ状態】うっすら・点、点と細かいものがほぼ一面50歳・女性

30代前半に少しづつでき始めました。顔の日焼けには気を使っていましたが手にまで気が回らなかったのだと思います。30代は出産し子どもを公園に連れていく毎日だったので知らず知らずのうちに直射日光を浴びていたのが原因だと思います。

【シミ状態】3mmの円形・うっすら数個229際・女性

結婚当初、慣れない手つきで料理をしていました。24歳のときだったと思います。揚げ物をしているとよく油がはねて、手の甲につき、軽いやけどをよくしていました。場所もそのあたりなので、それが原因かなと思っています。

【シミ状態】1センチの円形、うっすら30代・女性

28歳くらいの時にふと見るとシミがあったと思います。当時は手のシミには全く関心がなかったので、日焼け止めを塗らずに自転車通勤をしていました。今思えばそれが大きな原因だと思います。自転車は歩いている時よりも日が当たっているように思います。

【シミ状態】3〜6?円形がいくつも・うっすらと50代・女性

大体、30歳後半ごろからちょっと出始めて、40歳初めには両手の甲に範囲が拡がって、50歳代には甲全体に目立つようになりました。きっかけはやはり、日焼けではないかと思います。あまり、夏の日ざしでも日に当たるのを気にしないで、日傘や手袋を使用することもなく出かけたり、運転したりしていたからではないかと思ってます。

Copyright (C) 2017 手の甲のシミ~地味に消えない謎に迫る All Rights Reserved.